自分の事を相手に伝える名刺作成には適したサイズがある

サイトマップ

business card

名刺を作成するメリットとは?

名刺を作成するメリットとしましては、自身のが所属する企業や状況を簡潔に受け渡し相手に伝えられえるということが挙げられ、ビジネスにおいて名刺の所持を所持しているかしていないかで明らかに相手側の印象が変わってくるほど大切な物なのです。名刺を作成するには名刺の作成を専門に行っている業者への依頼が一般的であり、自身で名刺を作る専用キットなどもあるのであるが、大量生産ができデザイナーがついている名刺作成企業へと依頼を行うのが手っ取り早く確実です。
自身が企業に属す一社員のような立場なのであれば、名刺のデザインはあまり派手ではなくシンプルな自身の簡潔な情報を記載されたものの使用しか許されないかと思われます。ですが、企業とは関係のない、完全なプライベート時やファッションデザイナーや立場が上の役職についている人であれば話は別です。そのような人たちの名刺は事故をアピールする必要が出てくるので配色が派手になり、デザインが凝っているようなオリジナルな名刺の使用を行う人が多いです。個人で受け渡しする名刺にはそのような役職ごとの縛りが基本的には存在しないので、好き勝手に名刺をデザインし、自身で作ったり凝った人は業者依頼を行うなどしてアピールする材料となるのです。

個人事業者が名刺作成で気をつける点

フリーランスの方や、個人事業主にとって「名刺」は得意先に自分や商品を売り込むのに大切なツールです。それだけに、相手の印象に残るデザインの名刺を作成したいものですよね。しかし、一方で単に印象に残るだけの名刺を作っても、事業内容がキチンと相手に伝わらなければ意味がありませんよね。名刺作成に当たって注意すべき点には、どんなものがあるのでしょうか?
まず重要なのは、名刺を一目見るだけで、どんな事業を営んでいるのか分るようなデザインにするという点です。フリーランスの方なら、自分が得意とする分野はなんのかを、パッと見で、分るようなデザインを心がけましょう。そうすることによって、相手が必要になった時に、仕事を受注できる確率が格段にあがります。
そして、当然、名前と連絡先はわかりやすくデザインする必要があります。電話番号・メールアドレスは必ず目に付きやすい場所に記載しましょう。これを怠ると、せっかくのビジネスチャンスを逃すことになりかねません。しかし、一方で連絡先を記載しすぎるのも逆効果です。最近では、ネット上のSNSサービスも複数に渡ります。その全てのアカウント情報を記載していては、名刺がまとまりを欠いてしまいます。記載するのは最低限の情報に留めましょう。そして、重要なのは、余白をキチンと入れることです。名刺がゴチャゴチャしていると、見る気が起きないものです。余白は入れて見やすい名刺を作成しましょう。

名刺作成に適したサイズとは?

最近ではビジネスマン以外でも、名刺を作成するのが一般的となりました。いわゆる「パーソナル名刺」と言うものは、SNSなどで知り合ったコミュニティの会合や、特定のセミナーに参加する場合にとても便利です。パーソナル名刺を渡すことで、自己紹介を簡略化でき、後々の連絡もスムーズに行きます。プライベートでの、ほとんど初対面の場合、相手の連絡先は聞きづらいものです。しかし、パーソナル名刺を交換することで、そのような気遣いをせずにお互いの連絡先を交換できます。
名刺作成は、現在、ネット上で簡単にできます。手続きは簡単なのですが、実際にどのような名刺にするかは、個人で決めなくてはなりません。名刺作成でもっとも気になるのが、サイズについてではないでしょうか?サイズは、複数から選べますが、特にこだわりがない場合は、一般的なサイズを選択するのが無難です。日本の標準的な名刺のサイズは、55mm×91mmです。このサイズだと、名刺入れや財布にもすっきり収まるので、便利です。最近ではちょっと小型の欧米サイズも主流になりつつあります。より印象を強く持ってもらおうと、大き目のサイズの名刺を作る方がいますが、これは逆効果であることが多いのです。というのも、大きすぎる名刺の場合、名刺入れに収まらず、他の郵便物などと一緒に保存されることが多いからです。肝心な時に手元にないということもあり、お勧めできません。


オシャレな名刺作成をご希望の方はアドプリントで作成してみませんか?格安で名刺を作成でき、また紙質のいいものを提供できるのです!!名刺の作成でお困りの方はぜひ活用してみましょう!

最新記事一覧