自分の事を相手に伝える名刺作成には適したサイズがある

サイトマップ

business card

そもそも名刺作成を初めて行ったのはいつ?

取引の際に相手側に自己紹介も兼ねて渡す紙札だという事は大体の人は理解ができているかと思われますが、いったいいつからこのような文化が出きたのか、知っている日はあまりいないかと思われます。名刺の起源は実は日本ではなく中国であり、それも現在から1300年以上前、7世紀頃の唐の時代までさかのぼります。初めての人にお会いするときの取次ぎで木や竹に自身の名を記した「刺」と呼ばれる現在の名刺の原型になったものを使用していました。
西洋圏では16世紀のドイツでの使用が名刺が使われた最初の記録として残っており、訪問先が不在の際にカードに自身の名前を記したことが始まりだとされています。そして17世紀18世紀と進むにつて、ヨーロッパ圏での社交界で名刺はマナー的になくてはならないものとなっていたのです。
日本で名刺が使われ始めたのは19世紀とされており江戸時代ということになります。当時は和紙に墨で名前だけを記載した情報量の少ない名刺でしたので、訪問時での使用が多かったと記録されています。現在のようなカード型の名刺に移行したのは明治時代からであり、それ以降からは現在のような形式の名刺と程変わりはありません。名刺は10世紀以上もの長い歴史があり、それだけ名刺は情報交換に長く親しまれていることでもあるのです。

最新記事一覧